hobbitMk2のブログ

小宮果穂ちゃんになりたい

しごと

書きかけだった記事が消えていたので簡易版です。

 

仕事の話です。私はfamily lawチームなのでfamily law関連のことばかりやっています。隣のjudgementチームはクッソ忙しそうです(次の条約ドラフト、調印作業が大詰めを迎えているため)。judgementチームの同僚インターンは上司が同じ中国人ということもあり、大量の仕事を振られて毎日残業してます。私は英語ができないので、そんなに仕事振られません。定時出社定時退社のんびりworkです。やったね()。

 

①1980条約Art.13.1.b)

第一の分野として1980年条約(子の奪取に関するハーグ条約)の稼働状況をサポートするという仕事がある。ここからさらに分野がいくつかわかれるが、第一に問題となるのが13条1項bである。これは「重大な危険」の例外条項である。1980条約の基本的な構造は子供の常居所地国に子供について争う管轄権を与えるというものである。この延長として、もしも子供が片親によって他国へ連れ去られた場合には常居所地国にとりあえず子供の身柄を返還し、改めて本案をあらそう、という構造になる。前提問題であり、かつ、常居所地からの違法な連れ去りがあった場合には原則として返還が命ぜられる(迅速な判断が要請される)という点で占有訴訟と類似するが怖い論点なのでここでは立ち入らない。

違法な連れ去りとは監護権を侵害する連れ去りである。ここでの監護権とは日本法上の監護権よりも広い概念であり、例えば日常の生活や監護教育を母親が担っていて、父親には週一回の面会交流権しか与えられていなかったとしても、母親が勝手に子供を他国に移住させた場合には違法な連れ去りとなりうる。

この違法な連れ去りがあったとしても、連れ去った側から返還拒否の例外事由が主張されることがある。その一つが「重大な危険」である。これは返還が子の心身に害悪を及ぼすことその他子を耐え難い状況に置くこととなる重大な危険がある(実施法28条1項4号)場合に、返還が拒否できる旨定めたものである。

近年、原則としてこの「重大な危険」条項は制限的に解釈されるべきとの主張がなされている。またHCCHもこの方向を支持している。これは「重大な危険」が実質的な本案審査に入りこみかねないことから、条約の趣旨没却につながるためである。そこで近時持ち出されている概念が「protective measure」保護措置と呼ばれる概念である。これはたとえ重大な危険があったとしても返還先に保護措置があるならば「重大な危険」抗弁は発動しないというものである。もちろんこれは相手国の法制度評価になりうるためこれまた国際私法における領域主権国家間の謙譲の原則への脅威となりうる。ただし、保護措置はあくまで手続法レベルの問題であること、および法制度を評価するのではなく、司法共助のレベルで情報を共有しあい、「保護措置」の有無を確かめることに限定することによっていちおう、抵触は免れる。

ここでの「司法共助」が重要な背景となる。ハーグ条約は原則として中央当局同士の協力をその仕組みの土台に置く。しかしながらここでは中央当局間の協力と同時に裁判所相互の協力が念頭に置かれている。具体的にはIHJN(国際ハーグ条約判事ネットワーク)を通じた情報共有の仕組みである。こうした仕組みが一見理想的に思われるし、HCCHもIHJNを核とした制度設計を行っている。それがのちに述べる1996年条約である。ただ、現状の領域主権国家併存体制の下でこれがうまく機能していくかは定かではない。EU内においてはこの仕組みはEU規則を通じてかなり機能してきた。しかしそれはEU規則およびEU裁判所があるからであり、それがないハーグ条約締結国間でいかなる結論をもたらすのかは不明である。

話を「重大な危険」にもどそう。「重大な危険」についてであるがこれは一方でDVその他で逃亡した片親(多くは母親)にとっては最後の手だてである。よってこの条項を制限的に解することへの警戒心もつよい。とりわけ日本ではその傾向が強いようである。これに対して、HCCH側は保護措置や司法共助、とりわけ返還命令に条件を付すことなどによって対処できるとしている。たとえば、子供だけではなく母親の保護もまた返還の条件に含めるなどである。

以上については邦語文献として北田真理先生の博士論文がある。

早稲田大学リポジトリ

詳細な検討をしていないが、詳細であり、かつ最新(発表当時)の判例、論文を網羅しており、重要であると思われる。ただし、北田論文は上記の裁判所間ネットワーク構想の重要性についてあまり大きな位置づけが与えられていないようにも思われる。またEUの特殊性(EU規則及びEU裁判所の存在)がEU圏の判例にもたらす影響についても考慮に入れる必要がある。

 

②1996年条約8条9条

第二は1996年条約である。これはchild protectionと呼ばれている条約で、親権、監護権に関する紛争の管轄、準拠法、承認、執行についての包括的な条約である。あまりに包括的なため、締結国は少ない(当然)。とはいえEUのほとんどの国は加入しているし、アメリカ、カナダ、オーストラリアなども締結国である。欧米文明である。

この中の8条、9条が問題となる。これは手続きの国際移送を定めた条文で、5条以下で裁判所が管轄を有していたとしても、子と他国に国籍その他の「特別の関係」がありかつ、その他国が手続き進めるうえでより適切であり、さらに、移送が子の「最善の利益」に適う場合には一定の手続きによって手続きを移送できるというものである。移送の仕組みは、まず当事者からの申し立てもしくは裁判所の職権で当該他国に問い合わせをし、当該他国が自ら管轄を有すべきか判断する。そして管轄を有すると考えたときには当該他国の裁判所は手続きを開始し、一方もともとの国の手続きは終了する。これによって疑似的に「移送」が完了する。

裁判を受ける権利はどうなるんだとか、国家主権はどうなるんだとか理論的にはよくわからない条項であるが、まあ多用されている。便利だし。とりわけコモンロー圏では多用されやすい。これはこのルールがコモンローにおけるforum non convenienceと似たようなものだからだろう。ドイツなどではこの条項は合法的な二重管轄(ざっとコンメを見ただけなので内容は不確か、可能ならばあとで修正補足します)を生ぜしめるものと説明される。

ちなみにドイツなどとは異なり、この条項は日本とは相性がいい。民事訴訟法3条の9が日本にあるからである。近時、3条の9は国際的な訴訟競合における管轄却下のために用いられることがある。ただ、3条の9も議論が多いように、この条項も議論すべきことは多い。

なお、EU圏内はEU規則2201/2003(Brussels IIa)15条にほぼ同内容の条文があり、そちらが使われることが多い。というかほとんどである。

 

 

あとは細かいお知らせのドラフトとか、各国の意見書の集約などをやっています。いやー、明らかに日本関係でかつ家族法関連の仕事なのに英語ができないので私に振られず、他のインターン生に仕事が降っていくのをみるのはまあまあ心にくる。

インターン日記 第1回(家賃支払い)

 すでにfacebookで告知したり、会う人会う人にうだうだ言っているので皆知っているとは思うが、現在大学より派遣されてオランダにいる。2か月半という短期間であり、オランダを(ハーグを)知るには短すぎ、また留学体験記としてはあまりにも稚拙であり(そもそも留学じゃないし)、それ以前にそんな情報を載せたブログその他メディアなど無数にあると思われるが、日記をつけることにした。理由は二つ。第一に帰国後滞在レポートを書かねばならないこと(ちなみに過去のレポートがビジネスロー・比較法研究センターHPで公開されている。http://www.ibc.j.u-tokyo.ac.jp/activities/business/exchange.html)。先に日記をつけていて、あとで編集すればおそらく楽だ。第二に、私ほど準備をせず、また英語もできないまま派遣された修了生はおそらく初めてだし今後もでないだろうこと。要するに海外で暮らすにとって適正が最底辺の人間の経験ということ。これは一応書き残しておいてもよいのではないかと思う。今後、留学もしくは日本を出る人間がいたら、まあこんな人間でも周囲の援助と運の良さがあれば生きていけるということを覚えておいてもらいたい。どちらかしかなくても大丈夫だとおもう。両方無いのはしらない。

 

 オランダの家探しは難しい。家の種類は大きく三つである。第一がroomでこれはバストイレキッチンなどは共用のものを指す。要はシェアハウスである。これはまあ安い。家賃は月300~600ユーロほどである。私の家もこれで家賃は525ユーロであった。3か月の超短期なので少々割高である。第二がstudio。これはバストイレキッチンなども個別の部屋で、多くは一人用である。一般的な日本のアパートに近い。家賃は平均500~900ユーロである。第三はapartmentでこれは家族向けの部屋。家賃は1000ユーロを超えることがほとんどである。都市部にすむ限り戸建てということはほぼあり得ないのでこの三つから選ぶことになる。さらにroom、studioは学生向けのものが多く、これらは安い。学生向けには学生の証明が必要らしく、私は使えなかった。税制とか補助金とかその辺の関係なのだろう。

 家を探すには直接不動産屋に行くのも手だが、ネットでのマッチングサイトを使うのも手である。最大手はkamarnetで、私もこれを利用した。ただし日本の出会い系サイトよろしく、マッチングは無料だが相手との交渉のためにはプレミアム会員にならなくてはならない。第二がfacebookグループである。ただしこちらは生き馬の目を抜くような世界である。私は使い方がよくわからなかったので諦めてkamarnetのプレミアム会員になった。

 しかし、そこからさらに難航した。そもそも司法試験直後に出発するため、ほとんど家を探す時間がない。最初目をつけて交渉していたstudioは司法試験のせいで連絡が一週間ほど取れなかった間に他の人間に先を越されていた。クソである。司法試験はやはり許してはならない。そこでkamarnetで第二候補を探す。もうしょうがないのでテンプレートの英文を作り(私は日本の学生で、夏のインターンのために部屋を探しています、という旨)、これを片っ端から送り付ける。反応があっても興味がなければ無視する。ほとんどは一年以上、もしくは半年以上の契約が必要だと断られる。しかしながら幸運にも一つ、見つけることができた。ちなみに決まったのは出発の前日である。一応一週間分の宿はとってあったが。

 ただし、大変だったのはその後である。家主はまず敷金と六月分の家賃の振り込みを要求するわけであるが、それができない。なぜならば契約が決まったのは土曜日で、日本の銀行は原則締まっている。まあそれでもオランダで直接払い込めばいいか―と私は2000ユーロを現金で握りしめ出国したわけである。

 ここで誤算が生じた。オランダはオランダの銀行口座を持たない限り銀行口座への払い込みは原則できないのである。(よく考えればマネーロンダリングなどの関係で当然の規制である。ATMで直接振り込める日本のほうが緩いのである)。そこで次に日本の銀行口座から国際送金できないかを考える。できないのである。まず、インターネットバンキングで国際送金できるようにするためには審査のためいったん書類を送らねばならず2~3週間かかる(ただし審査通過後は自由にできるようになる)。私がその手続きをやっているわけは当然ない。次にアムステルダムまで行って緑銀行の窓口に行くことを考えた。しかし無理である。窓口で送金するためにはマイナンバーが必要である。私が持ってきているはずがない。結局現金でのATM振り込みを許す以上、マネーロンダリング振り込め詐欺等を防ぐことはできていない。何のためのマイナンバーか。制度としてクソである。

 家主と直接払えないか交渉した。無理とのこと。家主はイギリス人で六月はイギリスにずっといるとのこと。そういえば部屋を案内してくれたのは家主の娘(15歳くらい)だった。直接受け取れない、ASAPで振り込めとのメールが来る。これはやばい。第一に模索したのは銀行口座を作ることだった。しかしこれも難しい。オランダで外国人が銀行口座を開設するには原則として社会保障番号BSNが必要である。しかし到着数日でそんなものなどあるわけがない。聞いたら職場の事務担当が現在オランダ外務省に申請中とのこと。うだうだ家主に言ってみるが、とにかく振り込めとのメールが来るのみ。お前は日本の口座を持っているだろうと、だから振り込めるはずだと。家主はほぼ100パーセント正しい。ふつうはできるのだふつうは。私がちゃんと気を付けて手続きしていれば。まあでもこんな人間だからしょうがない。

 途方に暮れていたところwestern unionならば可能との情報を入手する。現金→口座への直接の送金や国際送金を可能とする銀行?で、出稼ぎ移民が本国へ送金するために使う銀行?だ。詐欺やテロ組織のマネロンに使われることでも有名である。このwestern unionは原則としてbranchを持たず、大量のagentを抱える。Agentはそこらへんの携帯ショップだったり怪しい電気屋である。とはいえ怪しいとか詐欺の危険とかまあそれは潜在的なのであって、とりあえず今、私は、部屋から追い出される明白かつ現在の危険に迫られているのである。溺れる者は藁にも縋る。私は2000ユーロを抱えてダウンタウンをさまよいながら怪しい店を訪ね歩いた。今が夏でよかった。冬ならば暗闇の中襲われてもおかしくない。まあそんなわけでCentrumから中華街、StationHS周辺へと次々Agentに電話しながら、そして見つけたAgentの店に入って訪ねながらさ迷うわけである。ちなみに私はリクルートスーツでネクタイを締め、リュックサックを背負った古き良き日本サラリマンの恰好をしている。当然浮く。そもそもネクタイを締めている人間すら少ないのだ。ようやく見つけた口座送金ができるらしいAgentはStationHSの近くにあった。とはいえよく話を聞くと国外の銀行口座への送金のみとのこと。クソである。とはいえ店主は慣れているのかとても親切であった。できれば送金してほしかったが。

 もうすべてをあきらめてスタバに入る。第一は家主にごめんなさいメールを書くため、第二は追い出されたときに備え別の部屋を探すため。しかしそこでふと駅構内に目をむけるとtransfer moneyの看板がある。当時は知らなかったが国際送金、両替を中心に手掛けるGWKtravelexであった。最後の頼みとしてそこに入るとなんと国内口座にも送金できるとのこと。救世主はやはりいたのだった。

 ちなみに振り込みを終えたあと安心してインターネットサーフィンをしていると以下のブログ記事(http://osyama2012.blog.fc2.com/blog-entry-37.html)を見つけた。そのすぐあとABNamroBankからBSNが現在なくとも追完を後でするならばとりあえず口座は開ける旨のメールが来た。事前の下調べ、そして準備は何より大事である。

 あと家探しに直接は関係ないが、最初に保険のためにとったホテルのオーナーに貴様の英語マジクソだな精進しろよと毎日言われて心が折れそうだった。ついでに言うならばgoogle翻訳を使われた。

 

(次回は食べ物についてか、仕事について書きます。)